自動でレポート作成!コピペで簡単に資産管理③【データポータルで表を作る!】

この記事ではGoogleが提供しているデータポータルに表を作成する記事です。

使用するデータは、を参考に作成してください。

ここで紹介する方法は、完全に趣味と独学で作成しています。
疑問はご質問頂いても大丈夫ですが、あくまで素人なのでご質問にお答えできない場合があります。質問はTwitter(@ちょい)でお願いします。

目次

どんなレポートが作成されるのか

このレポートで分かる事

  • 毎月末の投資額や損益のデータ
  • 銘柄別のデータ
  • 資産推移グラフ
  • 投資銘柄の割合円グラフ
  • アセットアロケーションの円グラフ(ざっくり把握)
  • 配当金の推移と各月の配当銘柄別配分

毎月末の投資額や損益のデータ・資産推移グラフ・配当金の推移と各月の配当銘柄分配は比較期間を指定する事ができます

ちょい

マネーフォワードで得られる情報+αからの分析情報なので、もっと細かく詳細な分析が必要場合は不向きかもしれません。
いかに、【簡単に】【見やすく】【モチベが上がって】【続けられる】レポート作成を目指しています。

準備するもの

  • パソコン(レポート完成後はiPadでも大丈夫です)
  • Googleデータポータル(無料)※1

※1 Googleアカウントが必要になります。

作成する表(Googleデータポータル)

表①の作成方法

STEP
[グラフの追加]→[表]をクリック
STEP
[データ]を画像を参考に編集する

赤枠をクリックすると詳細設定が出るので、編集してください。

STEP
評価がプラスorマイナスで色分けをする(4個追加する)

①条件付き書式を追加

②4つ条件を追加してください。

↑評価損益が0より多い場合は、評価損益の文字色を青にする
↑評価損益が0未満(マイナス)の場合は、評価損益の文字色が赤になる
↑評価損益率が0より多い場合は、評価損益率の文字色を青にする
↑評価損益率が0未満(マイナス)の場合は、評価損益率の文字色が赤になる
STEP
[スタイル]で表の見た目を編集する

書体や文字サイズ、行の交互の色など編集する事ができます。

STEP
表の幅を調整する

大きさや、列幅は青の線を動かして調節できます。

ちょい

表の長さは、12ヶ月分見れるようにするのがおすすめです

表①が完成しました!

表②の作成方法

STEP
[グラフの追加]→[表]をクリック
STEP
[データ]を画像を参考に編集する

赤枠をクリックすると詳細設定が出るので、編集してください。

STEP
評価がプラスorマイナスで色分けをする(4個追加する)

①条件付き書式を追加

②4つ条件を追加してください。

↑評価損益が0より多い場合は、評価損益の文字色を青にする
↑評価損益が0未満(マイナス)の場合は、評価損益の文字色が赤になる
↑評価損益率が0より多い場合は、評価損益率の文字色を青にする
↑評価損益率が0未満(マイナス)の場合は、評価損益率の文字色が赤になる
STEP
[スタイル]で表の見た目を編集する

書体や文字サイズ、行の交互の色など編集する事ができます。

STEP
表の幅を調整する

大きさや、列幅は青の線を動かして調節できます。

ちょい

銘柄が多いと入りきらない場合がありますが、右上の青の表示ボタンを押すと完成版が表示されてスクロール表示できるようになります。

表②が完成しました!

次回、作成するもの

ちょい

次回は円グラフを作成していきます!

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる