【ふるさと納税】糖質制限ブランパンも作れるホームベーカリー レビュー【ツインバード PY-5636W】

ちょい

大きな節税対策になる『ふるさと納税』で、今回はホームベーカリーを購入しました!

地域の特産品や家電、消耗品などを自己負担2000円でもらうことができるので、やらない手はないですね。

目次

ツインバード ホームベーカリー(PY-5636W)

1斤、または1.5斤まで作る事ができます。

低糖質ブランパンが作れる!

特徴として、コンビニなどでも最近人気の低糖質でタンパク質や食物繊維が豊富なブランパンを作ることができます。

ブランパンミックスが1斤分付いていたので、早速作ってみました!

ブランパンは独特の風味やパサつきを感じて苦手な方にもいると思いますが、パンの耳が薄くてふんわりときめの細かいパンができました!

ちょい

パンミックスも簡単でいいけど、
慣れてきたら『ふすま粉』を強力粉に好きな割合で混ぜて作るのもおすすめ!
独特の風味を抑えつつ、いつもより低糖質に作る事ができるよ!

うちで使っている材料

ドライイーストは冷凍できるものを使っています。

ふすま粉
強力粉に好きな分量足して使います。

シンプルかつ多彩なモード

パン以外に、ピザ・うどん生地、もち、焼き芋、甘酒も作る事ができます。

さっそく、焼き芋を作ってみた!

STEP
さつまいもは長ければ半分に切るアルミホイルで包む
STEP
パンケースに切り口を上にして立ておく
※ハネは必ず取り外します・蜜が多めのさつまいもは下にアルミ箔を敷く
STEP
メニューを焼き芋にセットしてスタート!
STEP
2時間後完成!!
ちょい

包んで入れるだけ!
甘くてしっとりな焼き芋ができました!

購入前に気になった事、使ってみて感じたこと

ドライイースト・具材の自動投入がない

【ドライイースト】
自動投入機能がないので、パンケースに入れる時に『水→粉→ドライイースト』の順で水分に当たらないように最後に入れます。

夜〜朝にタイマーをセットしても失敗していないでの、特に問題は感じません。

【具材】
具材を混ぜ込みたいときは、ブザーで入れるタイミングを教えてくれます。

自分で入れなければいけないので、寝ている間に作るというのは難しそう。

ちょい

自動投入部分のパーツがない分、手入れがラク!

音が少し大きい

キッチンと寝室が隣接していると、早朝にこねる後で起こさせる可能性があります。
寝ている時は、壁2枚は隔てたい所。

日中焼くのであれば、長時間うるさい訳ではないので我慢できる範囲かと思います。

ちょい

ちょい家はキッチンと寝室を襖で仕切っていて、音で起きてしまいました;
寝室→キッチン→廊下と離れた所に置いて焼いています。
焼いた朝は廊下がパンのいい香り(笑)

結果、ホームベーカリーは良い!

自分が選んだ保存料や添加物ない材料で焼きたてのパンが食べられるのはやっぱり良いですね!

ダイエットや体型維持の為に、バターをすこし少なくしたり、ふすま粉で糖質を下げる事ができます。

入れるだけなので朝はパン派の旦那が進んで設定してくれています!

『ふるさと納税』なら自己負担が実質2,000円!
ホームベーカリーが気になっている方にオススメの購入方法です。

よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

CAPTCHA


目次
閉じる